You are here
Home > 毎日やること > 気をつけること

思考

  • 小さな違和感を違和感のまま留めず、常に頭を巡らせること
    • 洞察力を思考力を鍛えるにはそれが大事だ
    • 過去の経験が何かを伝えようとしているのかもしれない。これは見過ごせない
    • 第一にやることは作業の手を止め、一息ついて頭をすっきりとさせる。無理強いしてはいけない。
    • ゴムのアヒルちゃんに説明してみる
  • 動く前に良いやり方はないかを考える
    • 行動の質は思考の質で高まる
  • 気持ちに余裕がなければ勉強にもならない
  • その人の発言内容と人格とを分けて考える
  • ばれなければ良いという考えが浮かんだ時点でその行為は良いことではない

手順

  • WHY(目的は何か), WHAT(WHYのために何を実施するのか), HOW(WHATをどのように実施するのか)
    • Specific(具体的か), Measurable(測定可能か), Achievable(達成可能か)
  • 上手く行かないことを確認する。次にうまくいくことを確認する
    • エラーアンドトライ
  • ログに残す
    • PTK(Problem, Try, Keep)のために思考の結果、行動の結果を残す。
  • なにか行動を起こすときは、必ず代案を保険として用意する。

基礎

  • 型ができてないのに型を破ろうとすると形無しになる
    • 守破離の守も身につけんうちに破も離も形になるわけないじゃん
  • 王道には王道たる理由がある
    • 王道以外が王道になっていない理由を考える。理想とする全体的なデザインが見えているか自問する。
    • 単なる思いつきか?熟考の結果か?図示してデザインを見せろ。
  • シンプルにできているということは、それだけ完成されたシステムということ

評価

  • 普通に成果を評価して今後を考えてくれればみんな真面目にやる
    • なぜその評価なのかを定量的に説明する。考えではなく事実を伝える
  • 「背中を見て学べ」という言葉があるが、「言わなくてもわかるだろう」は幻想にすぎない。
    • 背中を見た人間は、それぞれが違った受け取り方をする! 全員にきちんと伝わる言葉を意識する。
  • 人の個性や価値観は同じ組織の中でもバラバラである
    • みんなが違うことを踏まえた上で、みんなが気持ちよく動けるような言葉を選ばなければならない。
No tags for this post.
Top